感想/考察

『スパイファミリー』累計発行部数推移!なぜ人気?売れすぎの理由は?

コマッタ
コマッタ
スパイファミリーの累計発行部数ってどのくらいなの?なぜ人気がでたの?

と、気になっていませんか?

スパイファミリーは、原作1巻の発売からわずか1ヶ月で累計発行部数30万部を超え、アニメ化が決定した2021年11月には、累計1250万部を超えました。

一体どんなペースで発行部数をのばしてきたのか。

また、なぜ人気になったのかも気になりますよね。

この記事では、スパイファミリーの累計発行部数の推移と、なぜ人気がでたのか紹介しています。

是非最後までご覧ください。

本記事の内容
  1. スパイファミリーの累計発行部数推移
  2. スパイファミリーはなぜ人気がでたの?

スパイファミリーの累計発行部数推移まとめ

推移グラフ

スパイファミリーは、2021年11月に1250万部を突破しました。

第1巻は、2019年の7月に発売され、そのわずか1ヶ月後には約30万部を超えるヒット作となりました。

その後は着々と発行部数を伸ばし、第8巻が発売されたタイミングで1250万部に到達しています。

推移データ

 巻数 発売日 累計発行部数 累積日数
1巻 2019/07/04 30万部
2巻 2019/10/04 100万部 3ヶ月
3巻 2020/01/04 200万部 6ヶ月
4巻 2020/05/13 300万部 10ヶ月
5巻 2020/09/04 550万部 14ヶ月
6巻 2020/12/28 800万部 18ヶ月
7巻 2021/06/04 1000万部 23ヶ月
8巻 2021/11/01 1250万部 28ヶ月

スパイファミリーの原作は、1巻〜4巻までは最新刊が発売されるごとに、約100万部づつ発行部数が増加しています。

また、5巻以降は約200万部づつ発行部数が伸びています。

この傾向から、着実にファンを増やして発行部数が伸びていることが分かりますね。

2022年にアニメ化が決定しているので、どこまで伸びるのか注目です♪

最新刊の発売ペースは?

スパイファミリーの最新刊がどのくらいのペースで発売されているのかというと、約3ヶ月〜5ヶ月に1巻というペースで発売されています。

人気漫画の『鬼滅の刃』や『呪術廻戦』は、およを3ヶ月ペースで発売されていたので、これらの作品と比べると、やや遅いペースといえそうです。

 巻数 発売日 最新刊発売までの期間
1巻 2019/07/04
2巻 2019/10/04 3ヶ月
3巻 2020/01/04 3ヶ月
4巻 2020/05/13 4ヶ月
5巻 2020/09/04 4ヶ月
6巻 2020/12/28 4ヶ月
7巻 2021/06/04 5ヶ月
8巻 2021/11/01 5ヶ月

『スパイファミリー』なぜ人気?売れすぎの理由は?

スパイファミリーは、なぜ人気になったのでしょう。

人気の秘密やヒットに繋がった要因をまとめたので紹介しますね。

私自身が原作を読んでいるので、感想が含まれます♪

ストーリーが面白い

スパイファミリーの魅力は、利害関係が一致した「ロイド、アーニャ、ヨルによるドタバタコメディー」と、「家族として絆を深めていくストーリ」です。

名門校潜入のために「家族」を作れ!

と、命じられた凄腕スパイの黄昏は、「超能力者」の娘と、「殺し屋」の妻と利害が一致し、家族(スパイファミリー)となります。

アーニャはとても可愛い少女ですが、天真爛漫且つ、人の心が読めてしまうので、様々な場面でつい余計な発言をしてしまいます。

また、「ドキッ」とする行動でいつも周囲を驚かせます。

ときには、同級生に「右ストレート」しちゃっうことも・・。

とにかく、子供らしいようでらしくない世界観を持ち、その独特な言動と行動が読者の胸に刺さります(笑)

結婚相手のヨルは、一見おっとりしていて、可愛い美人さん。

しかし、裏の顔は「殺し屋」で、レストランではナイフに興味津々・・。

料理が苦手で酒癖も悪く、スポーツでは手加減ができない・・。

と、かなり天然でポンコツなところがあり、このギャップがたまらなく素敵です(笑)

そんな3人が家族として団結し、様々な事件を経て、徐々に家族としての絆を深めていきます。

3人とも微妙にズレているところがとても面白く、「最後は本当の家族になってほしい!」と心から応援したくなる作品です。

キャラクターのギャップ

スパイファミリーは、個性的なキャラクター(見た目からは想像がつかないギャップ)も魅力的です。

主人公のロイド(黄昏)は、イケメンの精神科医にして、実は凄腕のスパイ。

娘のアーニャは、天真爛漫な可愛さをもつ超能力者。

結婚相手のヨルは、同僚から嫉妬される美人公務員にして、実は凄腕の殺し屋Σ(゚∀゚ノ)

ただし、娘のアーニャだけは人の心が読めるので、2人の正体を知っています。

「ちちかっこいい!」→(スパイだから)

「ははつよい!」→(殺し屋だから)

など、独特な世界観と言葉使いでいつも笑わせてくれます。

また、ロイド(黄昏)は紳士。ヨルはおっとり美人。といった感じで描かれていますが、実はかなり抜けています。

この個性的な3人が、それぞれの裏の顔を隠しつつ、家族として団結!

しかしどこか抜けていて「見た目からは想像がつかないギャップ」が、魅力となっています。

WEB漫画の台頭

『スパイファミリー』が大ヒットした要因の1つに、「早くから読者の目に止まった」ことも考えられます。

スパイファミリーを連載している「少年ジャンプ+」は、2014年にスタートしたウェブコミック配信サイトで、発足当時は紙媒体が主流だったこともあり、決して知名度は高くありませんでした。

しかしその後は、電子書籍の購読環境が徐々に整備され、Twitterに投稿された作品が注目を浴びるなど、Webマンガの読者数が飛躍的に増加しました。

この頃「ジャンプ+」への掲載作品も大幅に増え、スパイファミリーも数多くのユーザーの目に止まるようになりました。

スパイファミリーは、とても魅力的な作品ですが、「早くからユーザーに注目される環境」があったからこそ、大ヒットしたと言えるでしょう。

まとめ

スパイファミリーは、2021年11月時点(8巻発売)で累計発行部数が1250万部を超えました!

まだアニメ化されていないので、今後どこまで伸びるのか楽しみですね。

私は原作を読んでいますが、まだ読まれていなかったら是非手にとって楽しんでみて下さいね。

おそらく一気読みしてしまいます(笑)

お得な購入方法など、こちらの記事で紹介しているので参考にして下さいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

『スパイファミリー』漫画全巻の値段はいくら?単行本/電子書籍/中古を比較!『ジャンプ+』で人気連載中の「スパイファミリー」。 2022年にはアニメ化することも発表され、「原作漫画を読みたい!」と考えるファ...