感想/考察

アニメ『魔法科高校の優等生』全何話で何クール?漫画何巻どこまで?

2021年7月3日から、放送がスタートしたTVアニメ『魔法科高校の優等生』。

原作も人気の”魔法科高校生シリーズ”は、2021年に10周年を迎えましたヽ(`▽´)/

『優等生』のアニメも基本、『劣等生』と同じように原作に沿って話が進んでいくと思いますが、全何話で何クールなのか?

また、原作漫画のどこまでか気になるところですよね。

この記事では、魔法科高校の優等生が全何話(何クール)放送なのか。また、原作漫画のどこまで放送されるのか、考察しています。

是非最後までご覧下さい。

アニメ『魔法科高校優等生』全何話で何クール?

先に結論からお話すると

アニメ『魔法科高校の優等生』は全13話(1クール)』と予測しています。

以下にその理由を紹介しています。

DVD&Blu-rayの話数から予測

 

『魔法科高校の優等生』のアニメが何話まで放送されるのか。

公式発表はありませんが、Blu-ray&DVDに収録されている話数から予測が可能です。

巻数 収録話数 発売日
1巻 第1話〜第2話 未発表
2巻 第3話〜第5話 未発表
3巻 第6話〜第8話 未発表
4巻 第9話〜第11話 未発表
5巻 第12話〜第13話 未発表

調べてみた所、『魔法科高校の優等生』のBlu-ray&DVDは、1巻〜5巻(収録話13話)まで発売予定となっています。(2021年7月7日時点)

つまり、アニメは『全13話(1クール)』で終わる可能性が高いことが分かります。

基本、アニメは1クール(12話〜13話構成)で放送され、アニメの放送話と同じ話数が円盤(Blu-ray&DVD)に収録されます。

魔法科高校の優等生も例外ではないはずです。

アニメ『魔法科高校の優等生』は漫画何巻のどこまで?

魔法科高校の優等生は、アニメでは漫画のどこまで描かれるのでしょう・・。

こちらは予測が難しいですが、11巻のラストまでと予測してみました。

入学編(1巻〜4巻)で完結?

魔法科高校の優等生の原作は、劣等生のようなライトノベルではなく、スピンオフコミックスが原作で、全11巻で完結しています。

また、原作のストーリーは、1年生の『入学編(1巻〜4巻)』と『九校戦編(5巻〜11巻)』のストーリに分けられて進みます。

1クール(13話)ということを考えると、4巻ラストまでが妥当とも思いますが、魔法科高校の優等生は『タイトル』にもあるとおり、深雪を主役とした、優等生(1科生)の子たちがメインで描かれます。

仮に入学編で終わってしまうとなると、劣等生からの視点変化が感じられず、あまりにも寂しすぎます。

よってこの可能性は低いと予測しています。

『九校戦編(5巻〜11巻)』で完結?

『魔法科高校の優等生』の見どこはやはり『九校戦編』です。

視点がかなり変わってきますし、深雪を主とした優等生(1科生)の子たちがメインで描かれ、お兄様の活躍も少ないです(笑)

『バトル・ボード』、『アイス・ピラーズ・ブレイク』、『ミラージュ・バット』などの競技が描かれ、3高の女子生徒もかなり描かれてきます。

公式ページでも、3高の女子生徒が紹介されていたので、アニメは『九校戦編』がメインで描かれるのではないでしょうか。

1クール13話で完結できるか心配もありますが、入学編のボリュームを少なめにすれば、1クール内で完結できるはず。

個人的な願望も含めてですが、九校戦編が描かれる『原作漫画11巻まで』放送されると予測してみました。

まとめ

紹介した内容をまとめると、

アニメ『魔法科高校の優等生』は、

  • 全13話(1クール)
  • 原作漫画11巻まで

考察含む内容となります。

原作に忠実に丁寧に描かれれば、入学編で終わってしまう可能性もありますが、アニメ第1話から、深雪の可愛さも全開ですヽ(`▽´)/

九校戦編が描かれないと寂しすぎるので、原作のラストまで描かれることに期待します。

最後までご覧いただきありがとうございました。