感想/考察

PUIPUIモルカー1話の感想と考察!飼い主を裏切るの!?

2021年1月5日から、TV東京系(きんだーてれび)でPUIPUIモルカーの放送がスタート。

独特の世界観や深いメッセージ性を持つ『モルカー』は、子供だけでなく大人でも楽しめる作品です。

モルカーには、細かいストーリ説明や台詞がないため、考察も楽しみの一つになっていますよね。

そこで、モルカーを視聴しているライターさんを募集して、感想&考察記事を書いて頂きました。

それでは、第1話『渋滞はだれのせい』の、感想・考察を紹介します。

是非最後までご覧ください。

PUIPUIモルカー1話の感想

まず、1話のあらすじを簡単に紹介します!

1話のあらすじ:渋滞はだれのせい?

1本道の道路に長い渋滞が・・。

ポテトの飼い主は時間に焦るものの、前のモルカーたちは全く動きません。

渋滞の原因は先頭にいるモルカーの運転手が音楽とスマホゲームに夢中になっているせいでした。

そうこうしていると、ポテトの後ろに救急モルカーがやってきます。

見れば、中には今にも危うい状態の患者さんの姿がΣ(゚∀゚ノ)ノ

救急モルカーの目的地である病院はこの道路のまだ先です。

かといって救急車のモルカーは別な道を探す余裕もありません。

どうする、ポテト!?

1話の感想:可愛すぎるモルカー!

第1話の感想はとても可愛い!この一言に尽きます。

色んなモルカーが登場しましたが、救急車のモルカーも主人公だったスタンダードなモルカーも仕草がいちいち可愛かったです。

そのせいか迷惑運転手のモルカーが皆に踏まれた時は可哀想に見えました。

なので迷惑運転手を置き去りにしてどこかに逃げた時は何故かホッもしました。

いわゆる朝に見かける渋滞の苛立ちをユーモアに描いたようにも思えます。

また「こうなればいいのにな」という夢も詰められていた気がしました。

PUIPUIモルカー1話の考察

第1話を見る限りでは車がモルカーである事以外、アニメの世界は現実との違いはないように思えます。

実際に第1話の渋滞やその原因はよくあるケースです。

そうなるとやはり気になるのはモルカーそのものが気になります。

モルカーは『モルモット』と『カー』を組み合わせた造語ですが、動物なのか車なのかと問われたらちょっと断言しづらいです。

運転手のシーンが何度か映りましたが、そのシーンでは内部はピンク色でした。

しかしグロくはなく、むしろ車内がピンク色のクッションを敷き詰められているようでした。

そらなら車、ロボットな気がしますが、動物らしいところもあります。

ポテトが自らの意思で人助け!

例えば救急モルカーがあわてふためいた時、ポテト並んでいるモルカーの屋根を走る事を促しました。

しかしこれは運転手の意志ではなく、モルカー(ポテト)自身がやった事。

その証拠にラストシーンでは並んでいたモルカーたちが救急車のモルカーを追いかけているものの、ポテトの運転手は窓から半身を出しています。

まるで「止まって」とアピールしているようでした。

この事からモルカーは車ではなく、ペットと同じような扱いになるのではないかと思います。

モルカーは飼い主を裏切る?

最後は迷惑運転手(飼い主)を置いて、紫のモルカーは逃げてしまいました。

これもモルカー自らの意思ですね。

ただ、悪いのは迷惑行為をさせた主人なので、モルカーが逃げても誰も追わなかったのは納得です。

まとめ

第1話はモルカーの魅力を最大限に引き出していると思います。

その可愛さはもちろん、現実でありえそうな出来事をモルカーならではのアイデアで解決するのは爽快です。

おまけにこれといった説明や台詞がないため、「これは一体なんだろう?」といくらでも考えられます。

アニメの時間も3分程度であるため、見やすいです。とにかくおすすめのアニメです。

最後までご覧頂きありがとうございました。

関連記事

PUIPUIモルカーの無料視聴方法を、こちらの記事で紹介しています

プイプイモルカーの再放送と見逃し配信動画を1話から無料視聴!2021年1月5日からテレビ東京系列で放送されている、TVアニメ「PUI PUI モルカー」 この作品では、トコトコ走る可愛らしい...